歯の移植・再植

天然歯(あなたの歯を残すことの大切さ)

あなたの天然歯ほど大切なものはありません。
最近ではお口の治療もかなり進歩しインプラント治療もかなり進歩しましたが、それでもやはり、あなたの自然の歯が一番大切なことには変わりません。
いかに素晴らしいインプラント治療を受けられたとしても次のような点で天然歯は優れています。

天然歯
  1. 天然歯は歯根膜があり、今どれくらいの力で噛んでいるのかを正確に感じる感覚器なのです。
  2. 天然歯のまわりには固有歯槽骨と言われる歯根膜由来の骨を保持させる能力を持っています。ご自身の歯を抜いた後は必ず骨が消えていきます。それを防いでくれているのです。歯を抜いた後にインプラント治療をする時に骨を作らなければならなくなるのはそのためです。
  3. 天然歯の方が歯周病になってしまった場合、インプラントよりも治癒する能力が強いのです。

今、医院の広告などで 「 当院はインプラントを年間、何本の実績があります。」とか 「当院では症例多数!」 などと謳っているところもありますが、一番大切なことはできるだけあなたの歯を残すことで、やむを得ず、残せなかった場合にのみ、インプラントやブリッジや義歯の治療が行なわれるわけです。
初めから抜歯することを前提にしたインプラントなどの治療方法を大きく打ち出したり実績を語るべきではないとの考えをもっています。
もちろんやむおえず抜歯になってしまうこともありますが、できるだけあなたの天然の歯を残す努力と情熱と治療技術を持つことが極めて重要なのです。
そのために、研鑚を重ね、天然歯を残すための治療として、歯の移植や再植も行なっております。

あなたの大切な歯が少しでも残るように全力で治療させていただきます。

ページの先頭へ

歯の移植

歯の移植とは、臓器移植の一種で、歯を失った部分に自分の歯を移植する方法です。
移植する歯は、智歯(親知らず)や転位歯(正常ではない位置に生えている歯)など、お口の中で使われていない歯なので、異物反応が起こりません。
また、歯根(歯の根)や歯根膜(歯根と歯槽骨の間の結合細胞)などの歯周組織も同時に移植できるというメリットがあります。
ただし、場合によっては移植先と歯の形態などが合わないため、より高度な技術が必要となったり、移植が不可能なこともあります。

歯の移植
ページの先頭へ

歯の再植

歯の再植とは、一度抜けた(抜いた)歯を、再び元の位置に戻す方法です。
歯が抜けてしまった場合や完全に脱臼してしまった場合、歯を元の位置に戻し、レジンやワイヤーなどを使用して隣の歯と数週間固定することによって、再度機能させます。
ただし、成功率は100%ではありません。再植を成功させるための条件は、歯根膜が損傷・細菌感染していないことです。損傷・細菌感染していると、再植の成功率は下がってしまいます。
そのため、もし歯が抜けてしまった場合には、ティッシュペーパーなどで拭いたり、水道水で洗ったりせず、お口の中に入れるか牛乳に浸けて、速やかにご来院ください。時間が経つと歯根膜の状態が悪くなり、再植の成功率が下がってしまいます。

歯の再植